おがわクリニック

〒576-0041 大阪府交野市私部西2-6-1 メディカルテラスかたの1F
072-808-6553

睡眠時無呼吸症候群

Medical

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

SAS

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に無呼吸を繰り返し、その結果起床時に頭痛がしたり、体の怠さ、日中傾眠などの様々な症状が現れる疾患です。

無呼吸睡眠チェック

次にあげる症状にあてはまるものはありませんか?

  • 大きないびきをかく
  • 夜間睡眠中に呼吸が止まる
  • 日中いつも眠い
  • 仕事や学業に集中できない(成績不振)
  • 居眠り運転をよく起こしそうになる
  • 起床時の頭痛やだるさ
  • 熟睡感がない
  • 夜中に何度も目が覚める

この中にいくつかあてはまる方はSASの可能性が高いです。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群の原因はほとんどの場合上気道の閉塞によって無呼吸、低呼吸が起きるために発症します。
(形態的原因:扁桃肥大アデノイド、巨舌症、小顎症、鼻中隔湾曲症など)

診療について

当院のPSG検査で睡眠時無呼吸症候群の診断ができます。

診療について

簡易検査

当院で検査説明し患者様ご自身で機器を装着頂きます。

出張PSG検査

当院では出張にて精密PSG検査を行っております。検査技師がご自宅にお伺いし、検査の説明や装着をお手伝いします。 睡眠時無呼吸症候群と診断された場合はCPAP療法でフォローさせていただいております。

PSG検査出張実績

  • 交野市
  • 四條畷市
  • 枚方市
  • 門真市
  • 寝屋川市
  • 八幡市
  • 高槻市
  • 京田辺市

上記以外にも出張検査エリアも拡大しております。症状が気になる方は、まずは検査をご検討ください。

睡眠時無呼吸症候群の治療(CPAP療法)

当院では、睡眠時無呼吸症候群の治療にCPAP療法を行っています。

CPAP療法とは…

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療の中で最も有効とされている治療法です。
寝るときに鼻マスクをつけ、そこに一定の風圧の空気を送り込むことで気道を広げ、呼吸が止まってしまうのを防ぐというものです。

CPAP治療をすることで

無呼吸・低呼吸、いびきの消失

CPAP療法は圧力をかけた空気を鼻から送り込むことで気道が広がる為、これまでの閉塞による無呼吸低呼吸、 いびきが改善されます。患者さんばかりでなく、ご家族の方にとっても快適な睡眠が得られます。

低酸素血症、高炭酸ガス血症などの改善

睡眠中の無呼吸・低呼吸は、血液中の酸素濃度を下げる(低酸素血症)だけでなく、 肺胞での酸素と二酸化炭素の交換に支障を来します(高炭酸ガス血症)。 CPAP療法により、睡眠中も酸素が取り入れられるようになるので、これらの症状が改善されます。

睡眠の質の向上

無呼吸・低呼吸の状態が続くと、眠りが浅い状態となり、睡眠時間をしっかり取ったとしても、 実際は熟睡できていません。そのため、朝の目覚ても熟睡感がなく、日中の眠気に繋がります。CPAPを使うことで、質の良い本来の睡眠が得られ、これらの症状が改善されます。

高血圧や不整脈などの改善

無呼吸・低呼吸により、乱れていた自律神経の日内変動が改善されていくことで、身体の諸症状の改善に繋がります。

当院でのCPAP治療

当院では大阪府では交野市、枚方市、寝屋川市、高槻市、四條畷市、門真市、京都府では八幡市、京田辺市を主として、現在約800名の患者様が睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対し、CPAP療法をされております。

全ての患者様でCPAPのデータ解析を行い、患者様がより快適にCPAP療法を継続できるように、きめ細かいアドバイスをしており、継続率は90%以上となっております。